[PR]仙台カウンセリング&スクール☆「心理学講座」☆「カウンセリング講座」☆「心のレッスン講座」

[PR]仙台心理カウンセリング&スクール 「心理学講座」 「オフィスカウンセラー講座」


logo1.gif






 ~    い つ で も あ な た の そ ば に    ~      ☆   仙台心理カウンセリング & スクール   ☆  


仙台心理カウンセリング ホーム 。。。
よくある質問 カウンセリングQ&A 。


仙台カウンセリング・ブログ一覧 。。。
☆心理学講座メニュー ☆  。 。 。


仙台カウンセリング・美しいアルバム 。



2018年04月15日

モラトリアム








【モラトリアム】

モラトリアム(精神分析学) moratorium



E.H.エリクソン(1902-1994)の提案した精神分析学の用語。

青年期にはそれまで親の保護の下の一定のルールの中から抜け出し、

未来の可能性の中から自分の進路を選択していかなければならない。



職業や結婚など人生のかなり永続的な選択をすることを猶予され、

自分の生き方を模索試行し、

大人への準備をする期間を、モラトリアムという。



本来は戦争や災害などの緊急時に、

銀行などの金融機関が預金の支払いを猶予することをさすが、

エリクソンが、青年は社会への参加を、

一時的に免除または猶予されていることを表す用語として使った。



青年は、職業や結婚などの社会人としての義務や社会的責任を猶予され、

その間に様々な役割を担うことを通じて、自らの可能性を試し、

社会の特定の分野に自分に適した生き方を探し出す。



このような青年の自己探求のための期間を、

エリクソンは心理・社会的モラトリアムと呼んだ。




これに対して、

精神科医・精神分析学者の小此木啓吾(1930~2003)は、

人生の選択をさけて、

いつまでも猶予状態にひたりつづける青年を、

モラトリアム人間(moratorium personality)と呼び、

自己選択ができない現代青年の未熟さを分析した。

その背景には,社会の変化が加速度的であり、

アイデンティティを見つけきれないという現実があるといわれる。






【参考文献】

「モラトリアム人間の時代」 小此木啓吾/著  中公文庫
















●【お客様の声☆一覧】










・・・ いつでもあなたのそばに ・・・ 


トレーニングを重ね続けて磨く、安心、安全な技術
「磨かれた技術」 に、あふれる愛をプラスして☆
こころとカラダを潤す、オーダーメイド心理学講座&心理カウンセリング・セラピー
 




















同じカテゴリー(心理学講座)の記事画像
子どもの権利☆
心のレッスン講座☆修了☆
五感UP!「カラー&アートセラピー」☆
交流分析(全3回)|ショートコース開講
活躍する☆修了生の皆様
応用力を鍛えるセミナー☆
ブーメラン効果
リンゲルマン効果
ピグマリオン効果
ハロー効果
同じカテゴリー(心理学講座)の記事
 子どもの権利☆ (2018-10-11 07:40)
 心のレッスン講座☆修了☆ (2018-10-05 17:00)
 五感UP!「カラー&アートセラピー」☆ (2018-10-03 07:36)
 交流分析(全3回)|ショートコース開講 (2018-09-04 07:00)
 活躍する☆修了生の皆様 (2018-08-12 07:41)
 応用力を鍛えるセミナー☆ (2018-06-01 07:00)
 ブーメラン効果 (2018-05-11 07:07)
 リンゲルマン効果 (2018-05-02 07:07)
 ピグマリオン効果 (2018-05-01 07:34)
 ハロー効果 (2018-04-23 07:00)

Posted by 仙台カウンセリング  at 07:47 │心理学講座



削除
モラトリアム