[PR]仙台カウンセリング&スクール☆「心理学講座」☆「カウンセリング講座」☆「心のレッスン講座」

[PR]仙台心理カウンセリング&スクール 「心理学講座」 「オフィスカウンセラー講座」


logo1.gif






 ~    い つ で も あ な た の そ ば に    ~      ☆   仙台心理カウンセリング & スクール   ☆  


仙台心理カウンセリング ホーム 。。。
仙台カウンセリング スケジュール 。。


仙台カウンセリング・ブログ一覧 。。。
☆心理学講座メニュー ☆  。 。 。


仙台カウンセリング・美しいアルバム 。



2017年01月11日

鏡開き^^☆

鏡開き^^☆


鏡開き(かがみびらき)


正月の鏡餅(かがみもち)を下げて食べる儀式。
お供え開き、お供えくずし、鏡割りなどともいう。
現在は1月11日、以前は20日が一般的であった。


鏡餅は刃物で切ることを忌み、
手で欠いたり槌(つち)でたたいたりして割る。
開くというのは縁起を担いで、めでたいことばを使ったものである。





鏡餅は本来、稲作に伴う儀礼で、
農耕神としての歳神(年神)(としがみ)への供物であったろう。

それを下ろして食べることは、
正月の祭りの終わりを意味するものであったはずであるが、
暦の混乱のためか、あるいは開くという語感から転じたものか、
むしろ仕事始めの意味に解する場合が多く、
期日も2日や4日に行う例がある。

現在鏡開きの日とされている11日も、
商家の仕事始めにあたる蔵開きの日と一致する。




【補足】
徳川の3代将軍家光(いえみつ)の忌日が20日であるため、
11日に繰り上げられたという説がある。
武家では具足(ぐそく)開きといい、
鎧兜(よろいかぶと)に供えた具足餅を下ろして雑煮にして食べた。
婦人は鏡台に供えた鏡餅を同様にして食べた。
武士は刃柄(はつか)を、婦人は初顔(はつかお)というように、
それぞれもっとも重視する道具と
二十日(はつか)との語呂(ごろ)合せを祝った。
近来は武道の寒稽古(かんげいこ)に引き継がれ、
終わった日に鏡餅で汁粉をつくって食べることが多い。



※参考文献:「日本大百科全書(小学館)」









◆ インフォメーション♪♪♪ ◆

●【スケジュール・カレンダー】

●【アクセス】

●「こころのエステ講座」 *お客様の声













・・・ 迎えてくれる人がいる 大切にしたい場所がある そんな存在であり続けます ・・・















同じカテゴリー(こころのサプリ)の記事画像
春彼岸☆
こころの収束☆
「コトバ」をきき分ける☆
こころの波動☆
「謎・・・」 ☆
心の声☆
極める☆
母親から学ぶ大切なこと☆
こころの保護☆
喪失体験の癒し方☆8
同じカテゴリー(こころのサプリ)の記事
 春彼岸☆ (2018-03-21 12:00)
 こころの収束☆ (2018-02-18 07:10)
 「コトバ」をきき分ける☆ (2018-02-12 07:16)
 こころの波動☆ (2018-02-09 07:00)
 「謎・・・」 ☆ (2018-02-08 07:07)
 心の声☆ (2018-02-07 07:20)
 極める☆ (2018-02-06 07:00)
 母親から学ぶ大切なこと☆ (2018-02-04 07:00)
 こころの保護☆ (2018-02-03 06:30)
 喪失体験の癒し方☆8 (2018-02-02 07:00)

Posted by 仙台カウンセリング  at 19:08 │こころのサプリ



削除
鏡開き^^☆