[PR]仙台カウンセリング&スクール☆「心理学講座」☆「カウンセリング講座」☆「心のレッスン講座」

[PR]仙台心理カウンセリング&スクール 「心理学講座」 「オフィスカウンセラー講座」


logo1.gif







 ~    い つ で も あ な た の そ ば に    ~      ☆   仙台心理カウンセリング & スクール   ☆  



仙台心理カウンセリング お客様の声

仙台カウンセリング よくあるご質問 カウンセリングQ&A


仙台心理カウンセリング・ブログ一覧

☆ 心理学講座メニュー ☆  。 。 。


よくあるご質問 心理学講座Q&A 。 。


仙台カウンセリング・美しいアルバム 。 。




2019年10月18日

原因帰属理論|Weiner

原因帰属理論|Weiner




◆Weinerの原因帰属理論

ワイナーによると原因帰属のスタイルは、「統制」と「安定性」の組み合わせによるとされます。
・統制:内的統制(その人の内部要因)
・外的統制(環境要因)
・安定性:安定(あまり変わらない要因)
・不安定(変わりやすい要因)
ワイナーの理論ではこれらの組み合わせによって、帰属のパターンを分けています。


【上記の組み合わせ4つとその例】

・内的+安定=本人の先天的・潜在的能力に帰属する:知能が高い、低い等。
・内的+不安定=本人の頑張り次第の要因に帰属する:努力したから、努力が足りない等。
・外的+安定=課題の困難度に帰属する:テストが簡単だったから、難しかったから等。
・外的+不安定=神のみぞ知る的帰属:運が良かったから、悪かったから等。
※この理論によると「上手く行かない事象を努力の不十分さに帰属する」ことは、「内的+不安定」という原因帰属になります。




◆ワイナーは帰属先によって動機づけの高低が変わってくるとしています。

・動機づけが高い人:
成功の原因を能力や努力に帰属させ、失敗の原因を運や努力不足に帰属させる傾向が強いといわれています。自尊心が満たされ、努力すれば成功できるという成功期待も高い状態です。

・動機づけが低い人:
成功の原因を課題の難易や運に帰属させ、失敗の原因を能力に帰属させる傾向が強いといわれています。失敗の原因を能力に帰属させると「何をしてもムダだ」というあきらめの気持ちが強くなり、達成動機が低下します。
上記の通り、努力に原因帰属する人は「自尊心が満たされ、努力すれば成功できるという成功期待も高い状態」とされています。


※自己効力感が低い人が失敗した場合、「自分は何をやってもダメなんだ」「自分は何をしたって成功することはないだろう」と考えるイメージが強いかもしれません。これは「努力」への帰属ではなく、自身の変わらない能力、すなわち「本人の先天的・潜在的能力」(内的・安定)に帰属するということになると考えられます。













































同じカテゴリー(心理学講座)の記事画像
カラーセラピスト養成講座
職場のメンタルヘルス研修(2day)のお知らせ
集団療法|集団精神療法
カラー&アートセラピー☆受付中(残席1)
交流分析(全3回)|ショートコース(残席2)
知能検査|WPPSI
抗精神薬|副作用
EAP|従業員支援プログラム
睡眠障害|精神生理性不眠症
客観的観察法|知能検査
同じカテゴリー(心理学講座)の記事
 カラーセラピスト養成講座 (2020-01-26 07:10)
 職場のメンタルヘルス研修(2day)のお知らせ (2020-01-23 07:37)
 集団療法|集団精神療法 (2020-01-22 07:21)
 カラー&アートセラピー☆受付中(残席1) (2020-01-20 07:07)
 交流分析(全3回)|ショートコース(残席2) (2020-01-08 06:54)
 知能検査|WPPSI (2020-01-05 07:00)
 抗精神薬|副作用 (2019-12-30 07:43)
 EAP|従業員支援プログラム (2019-12-29 07:05)
 睡眠障害|精神生理性不眠症 (2019-12-28 07:07)
 客観的観察法|知能検査 (2019-12-27 07:30)

Posted by 仙台心理カウンセリング  at 07:39 │心理学講座



削除
原因帰属理論|Weiner