[PR]仙台カウンセリング&スクール☆「心理学講座」☆「カウンセリング講座」☆「心のレッスン講座」

[PR]仙台心理カウンセリング&スクール 「心理学講座」 「オフィスカウンセラー講座」


logo1.gif







 ~    い つ で も あ な た の そ ば に    ~      ☆   仙台心理カウンセリング & スクール   ☆  



仙台心理カウンセリング お客様の声

仙台カウンセリング よくあるご質問 カウンセリングQ&A


仙台心理カウンセリング・ブログ一覧

☆ 心理学講座メニュー ☆  。 。 。


よくあるご質問 心理学講座Q&A 。 。


仙台カウンセリング・美しいアルバム 。 。




2019年07月11日

交流分析|ディスカウント理論








交流分析 TA(Transactional Analysis)は、

アメリカの精神科医:エリック・バーンが創始した心理療法です。





交流分析 ディスカウント理論

【ディスカウント】

値引き(ディスカウント)とは、何かをその価値より悪く、低く受け止めるものである。
持って生まれた資質や可能性を歪めたり、傷つけたりするもの。


相手や自分を軽視したり、過小評価するなど値引き(ディスカウント)が、
人と人とのコミュニケーションに大きく影響していることが多いものです。

ディスカウントは、相手を感情的、あるいは身体的に傷つけるような、
非建設的な交流の形であらわれます。
値引きは、以下のようなものを含んでいます。
受け身(無気力)、過剰適合、不安、自意識の低下、怒り、暴力。


●人間関係を構築する関わり=ストローク
・成長を支援する


●人間関係を破壊する関わり=ディスカウント
・成長を阻害する


▽自分へのディスカウントの例

褒められたとき、「そんなことないです」と否定(謙遜)する。
褒められたとき、できないことをあれこれ言う。


▽相手へのディスカウントの例

自分の価値観に到達できていない人を否定する。殴る、蹴るなど。









交流分析|ストローク理論

【ストローク】

「あなたがそこにいるのを私は知っている」という 存在認識の刺激

交流分析では、人と人とのふれあいを「ストローク」という

ストロークには、陽性のストローク、陰性のストロークがある。




人間が心身ともに成長するためには食物と同じように欠く事のできない、愛撫、接触、音、など生物学的刺激をストロークといい、肌のふれあい、心のふれあいを言います。


【プラスのストローク】陽性

無条件のプラスのストローク

条件付のプラスのストローク



【マイナスのストローク】陰性

無条件のマイナスのストローク

条件付のマイナスのストローク



*人間関係の中で豊かさを感じるには、
無条件の肯定的ストローク(プラスのストローク)を、より多く交換することです。

肯定的なストロークを得るためのもっとも効果的な方法は,
自分もそれ(肯定的で無条件のプラスのストローク)を他者に与えることです。









交流パターン分析

・交流分析:TAは、創始者エリック・バーン(カナダ出身・アメリカの精神科医)が創始。

エリック・バーンはポール・フェダーン(自我心理学)や、

エリク・エリクソン(発達段階説)から教育分析を受けていました。


・交流分析:TAでは、

「親 P」「成人 A」「子ども C」の自我状態に分類して、自我状態の交流を分析していきます。


◆自我状態

自我状態というのは、思考・感情・行動の一貫したもので、

「批判的な親 CP」

「養育的な親 NP」

「成人  A」

「自由な子ども(自然な子ども) FC」

「従順な子ども AC」

以上、5つに分類します。




・自我状態の中で「養育的な親」「成人」「自由な子ども」の3つを、

効果的な自我状態と呼び、この3つの自我状態を、バランス良く使うようになることを目指します。


・エリック・バーンは自我状態のことを、

「感情と経験の首尾一貫したパターンと、直接それに対応する一定の行動パターンを伴うもの」と定義。

・エゴグラムでは、自分の中に「5人の自分(自我)」がいると仮定します。




【交流パターン分析】

・これは、P、A、C を応用して、
日常のお互いのやり取り(言葉、態度、行動)を分析するものです。
対人関係を図式化して、その交流をベクトル(矢印)で表します。


交流パターン分析の目的は、
自分の、P(親)、A(大人)、C(子ども)の理解を深めながら、
自分と他人とが、どのような関わり方をしているのか、
その場その場に応じた対処の仕方をどのようにすれば良いのかなどを、
意識的にコントロールすることにあります。




・ここで問題にする「やりとり」には、表面的な言語の他、
その奥に潜むさまざまな意味をもつ深いレベルのコミュニケーション、
とくに非言語(表情、態度、声の調子)なものも含まれます。


・交流分析では、基本的な対人関係を、次の3つのタイプに分類しています。

1)相補的交流(適応的交流)

2)交叉的交流

3)裏面的交流(仮面的交流)




【相補的(そうほてき)交流】

・相補的交流とは、ある自我状態から送られたメッセージに対して、
予想(期待)通りの反応が戻ってくるもので、
刺激と反応のベクトルが平行している交流を言います。

ここでは、言語的なメッセージと、表情、態度などの非言語なメッセージが一致しています。
人間関係の面からいっても、この種の交流は、率直で自然の理にかなっています。



【交差的(交叉的)交流】

・交叉的交流とは、人がある反応を期待して始めた交流に対して、

予想外(期待はずれ)の反応が返ってくる場合をいいます。
そこでは、コミュニケーションが途絶えて、発信者は無視されたような気持ちになります。

また、沈黙が起こったり、話題が変わったり、時にはケンカになってしまうことも少なくありません。
したがって、交叉的交流は、人間関係の中で苦痛の源ともなるものです。



【裏面(りめん)的交流】

・裏面的交流は、相手の1つ以上の自我に向けて、
顕在的な交流と潜在的な交流の両方が同時に働く複雑な交流です。
表面的(社会的)では、もっともらしいメッセージを発しているようですが、
その主な欲求や意図、又は真意などが、裏面(心理的)に隠されているのが特色です。









◆ゲーム分析

交流分析でいうゲームとは、繰り返し繰り返し人間関係をこじらせたり、
非建設的な結果を招いたりする行動パターンを意味します。


ゲームとは、明瞭で予測可能な結果に向かって進行しつつある、一連の相補的、裏面的な交流。

隠れた動機を伴い、しばしば反抗的で表面的にはもっともらしくみえる1組の交流を繰り返すこと。

「わな」や「インチキ」を内蔵した一連のかけひきで、反復するのが特徴。




ゲームでは、表面だけみると、まことしやかな一連の相補的交流が進行して行きます。

しかし、本音の裏面的メッセージが隠されていて、
それを果たそうとA(アダルト)以外の自我状態が暗躍します。


そこでよく観察すると予測可能で破壊的な結末をもって終結します。

その幕切れはドラマチックで相手に不快感をもたらすことは確実です。

心理ゲームを演じる人も結末で不快な後味の悪い感情(報酬)を味わいます。




【ゲームの目的】

陽性のストローク交換が不得手の人が、陰性のストロークを求めることにあります。




【ゲームの公式】(バーンの公式)ゲームの流れ

仕掛人+弱点を持つカモ=刺激→反応→役割交替(交流パターンの変化)→混乱→結末(別れ)

・仕掛人(隠れた動機がある)はカモになりやすい人を探します。

それは手ごわいCPの強い人、同情しやすいNPの強い人、
すねたりひねくれたりする癖のある愛情不足Cの強い人など、
その育ちや性格の面で何らかの弱点をもつ人たちです。




【ゲームの特色】

・ゲームには当人も全く気がつかない動機や目的が隠れていることが多い。

・愛情確認のねじれた姿

・恩をあだで返す(恩の与え方に自己破壊的な意図が潜んでいる)

・ゲームには予測可能な結末がある。

・予測可能な結末に向かって進行する

・結末では、基本的構えのゆがみが証明される

・ゲームの結末には、ある特定の感情が伴う

・不快で、非建設的な感情を求め、それに浸ることがゲームの結末

・自分の怒りの正当化、劣等感、憎悪の念、抑うつ気分、恐怖、疑念など




【ゲームの例】

・はい、でもゲーム
・キック・ミーのゲーム(私を嫌ってくれ)
・仲間割れのゲーム
・あなたのせいでこんなになったんだゲーム
・ひどいもんだ(大騒ぎ)ゲーム
・決裂のゲーム
・あら探しのゲーム
・苦労症のゲーム
・あなたをなんとかしてあげたいと思ってるんだゲーム
・義足のゲーム


















◆ 交流分析はコチラ☆


☆お客様の声(交流分析その1)

☆お客様の声(交流分析その2)

☆お客様の声(交流分析その3)

☆お客様の声(交流分析その4)

☆お客様の声(交流分析その5)

☆お客様の声(交流分析その6)

☆お客様の声(交流分析その7)




◆初級編:心理カウンセラー養成講座☆

◆中級編:心理カウンセラー養成講座☆

◆上級編:心理カウンセラー養成講座☆






☆お客様の声一覧

◆心理学講座一覧


◆お客様の声(体験談)


◆心理学講座Q&A


◆Q&A(よくあるご質問)








・・・ いつでもあなたのそばに ・・・ 


トレーニングを重ね続けて磨く、安心、安全な技術
「磨かれた技術」 に、あふれる愛をプラスして☆
こころとカラダを潤す、オーダーメイド心理学講座&心理カウンセリング・セラピー

























































































  


Posted by 仙台心理カウンセリング  at 08:08心理学講座