[PR]仙台カウンセリング&スクール☆「心理学講座」☆「カウンセリング講座」☆「心のレッスン講座」

[PR]仙台心理カウンセリング&スクール 「心理学講座」 「オフィスカウンセラー講座」


logo1.gif







 ~    い つ で も あ な た の そ ば に    ~      ☆   仙台心理カウンセリング & スクール   ☆  



仙台心理カウンセリング お客様の声

仙台カウンセリング よくあるご質問 カウンセリングQ&A


仙台心理カウンセリング・ブログ一覧

☆ 心理学講座メニュー ☆  。 。 。


よくあるご質問 心理学講座Q&A 。 。


仙台カウンセリング・美しいアルバム 。 。




2019年02月21日

カラーバス効果






カラーバス効果



カラーバス効果を意識することで、人間関係の改善に活かします。

例えば、自分が苦手に感じている人がいると仮定します。

苦手に思ってしまうとカラーバス効果により「あの人は悪い人だ」という思い込みから、

その人の悪い部分の情報に目を向けてしまいやすくなります。


もし相手がよい行動をとったとしても、

「この人が人助けになるようなことをするはずがない」と、

マイナスの方向でに解釈してしまうかもしれません。


ここで自分がカラーバス効果にとらわれていることを意識すると、

相手に対する偏見を軽減し、良い面にも目が向けられるようになります。



特に社会の中では、

内心苦手に感じている相手とも上手に付き合って行くことが求まられています。


『苦手意識』 を強く感じていると自分にとって大きなストレスになるだけではなく、

相手もそのことを感じとってしまい、関係性を保つことが困難になり、

企業にとっても大きな損失になりかねません。



苦手な人がいる、ということは誰にでもあることです。

その上で必要な関係性なのであれば、

「自分はその人のよい面を見ないようにしていたのではないか」

「よい面を探そう」と、意識し、自覚することをオススメします。



カラーバス効果は、意識を特定の事項に向けて、

「自分ごと」として捉えることで大きな効果を得られる心理学効果です。


自分の意識や行動などを変えられることはもちろん人間関係構築へも応用できます。

カラーバス効果を活用したい場合、

以上をご参考にしてみることから始めてみてはいかがでしょうか。













◆ インフォメーション♪♪♪ ◆ 受付中^^☆


【お申込み】・ホームページのご予約フォームからお申込み下さい。
 

◆こちらからもご予約可能です ⇒ 【お申込みフォーム】

【お申込みについての必要事項】

お申込みの際は、お名前、年齢、お電話番号(緊急時に使用)、メールアドレス、
ご希望日時を第3希望まで、お知らせ頂けますとスムーズです。


【送受信の不具合がある場合】

お申込みメール送信後、24時間を経過しても返信がない場合は、
何らかの不具合が考えられますため、お手数ですが、お電話を頂戴できますと幸いです。




【アクセス】


【ブログ記事一覧】




☆ 皆様にお会いできますこと、楽しみにお待ちしております ☆

















・・・ いつでもあなたのそばに ・・・


トレーニングを重ね続けて磨く、安心、安全な技術
「磨かれた技術」 に、あふれる愛をプラスして☆
こころとカラダを潤す、オーダーメイド心理学講座&心理カウンセリング・セラピー






































  


Posted by 仙台心理カウンセリング  at 07:10心理学講座

2019年02月12日

管理者のための職場のメンタルヘルス研修(2day)のお知らせ☆





「管理者のための職場のメンタルヘルス研修」(2day)のお知らせ^^☆


・管理者層の方を対象に、社内におけるメンタルヘルスの必要性、
メンタルケアの実践をわかりやすく説明します。
部下を理解し、適切な助言を与え職場の生産性を高めます。


【講 師】 田村みえ

【日 程】 2019年2/26(火)・2/27(水)
【時 間】 8:45~16:40
【主 催】 仙南地域職業訓練センター
(*職業訓練法人 仙南地域職業訓練協会)
*認定職業訓練(在職者対象)

【場 所】 仙南地域職業訓練センター

【所在地】・宮城県柴田郡柴田町船岡照内1番地の9
【電 話】 0224-57-1501
【定 員】 10名様


【お申込み先:お申込みフォーム】
研修コース名
経営実務科 No.5
「管理者のための職場のメンタルヘルス研修」

【受講費】 (会員)15,000円
       (会員外)18,000円

【駐車場】 有り









●□■□■□■□● 「メンタルヘルス研修」 ●□■□■□■□●

管理者層の方を対象に、社内におけるメンタルヘルスの必要性、

メンタルケアの実践をわかりやすく説明します。

部下を理解し、適切な助言を与え職場の生産性を高めます。

わかりやすい「メンタルヘルス講座」(全2日間)です。

・皆様にお会いできることを、楽しみ^^♪ にしております☆




・・・・・●・○・● カリキュラム ●・○・● ・・・・・

*メンタルヘルスの基礎及び、初歩的な傾聴トレーニングなど

● 1日目 「メンタルヘルスの基礎」 & 実習:傾聴体験
● 2日目 「セルフケアの活かし方」 & 実習:傾聴体験


= ☆ = ☆ = ☆ = ☆ = ☆ = ☆ =



☆ 『メンタルヘルスを理解しよう^^☆』 の気持ちを、ぜひ! お申し込みへ!!






・・・ いつでもあなたのそばに ・・・





























  


Posted by 仙台心理カウンセリング  at 12:12心理学講座

2019年02月04日

行動変容モデル|プロハスカ






【Prochaska の行動変容ステージモデル】

プロハスカ(プロチャスカ)の行動変容ステージモデルは、

どの程度自分自身と向き合っているかを捉えるモデル。




<Prochaska の行動変容ステージモデル>


・前熟考ステージ
  このステージに属す人は、これから6カ月以内に、行動を変えようとする
  意図がない状態である。その行動を必ずしもハイリスクであるとみておら
  ず、仮にそうであったとしても、その行動を変える必要性を感じていない。


・熟考ステージ
  このステージに属す人は、これから6カ月以内に行動を変化させる意図が
  ある状態である。行動の成り行き、すなわちその行動を続けているとどの
  ようになるかを調べ始めている。その人は、その行動をとり続けることに
  よって、自分の生涯に起こり得るであろう短期的および長期的結果につい
  て質問し始める傾向が強い。

 
・準備ステージ
  このステージに属す人は、これから1カ月以内に行動を変化させるために
  行為を行う意図を持っている状態である。その行動変容に役立つような方
  略について考え始める傾向が強い。


・実行ステージ
  このステージに属す人は、すでに行動変容を行ってきているが、その期間
  は6カ月に満たない状態である。新しい健康的行動を行う利得がすぐさま
  目に見えて現れないために、逆戻りの危険性が最も高い。


・維持ステージ
  このステージに属す人は、少なくとも6カ月以上の期間で健康的な行動を
  維持してきた状態である。行動からの利得を認識し始めている。しかし、
  まだ逆戻りの危険性があるので、もとの問題行動を再び始めてしまう誘惑
  が待ち受けている。


  これら変容のステージを通る動きは連続的とは限らない。事実、行動変容
 を行っている者の間には、もとの問題行動に逆戻りしてしまう者もみられる。
 行動を変化させている者にみられる最も共通する経路は、変容ステージを進
 んだり、後退したりすることである(『変化のスパイラル・モデル』:
 Prochaska, Norcross & DiClemente, 1994)。




維持ステージに到達したとしても、
熟考ステージに逆戻りすることもあります。

維持ステージに長くいればいるほど、
逆戻りする可能性は低くなります。




行動変容ステージは、変容するための「セルフケア」

各ステージの特徴を自分なりに解釈し、

方向性を見い出し、導くことが大切と考えます。

一度自分自身に当てはめた上で実践してみるのがオススメ☆










◆ インフォメーション♪♪♪ ◆ 受付中^^☆


【お申込み】・ホームページのご予約フォームからお申込み下さい。
 

◆こちらからもご予約可能です ⇒ 【お申込みフォーム】

【お申込みについての必要事項】

お申込みの際は、お名前、年齢、お電話番号(緊急時に使用)、メールアドレス、
ご希望日時を第3希望まで、お知らせ頂けますとスムーズです。


【送受信の不具合がある場合】

お申込みメール送信後、24時間を経過しても返信がない場合は、
何らかの不具合が考えられますため、お手数ですが、お電話を頂戴できますと幸いです。




【アクセス】


【ブログ記事一覧】




☆ 皆様にお会いできますこと、楽しみにお待ちしております ☆

















・・・ いつでもあなたのそばに ・・・


トレーニングを重ね続けて磨く、安心、安全な技術
「磨かれた技術」 に、あふれる愛をプラスして☆
こころとカラダを潤す、オーダーメイド心理学講座&心理カウンセリング・セラピー
































  


Posted by 仙台心理カウンセリング  at 07:00心理学講座

2019年02月03日

家族の要因☆





【家族の要因】


◆家族の要因がこどもの人格形成に及ぼす影響について、焦点を絞ってまとめる。


●人間が成長していく上で、遺伝と環境が及ぼす影響について、一般に発達は、そのいずれかのみに依存するものではなく、両者が相互的に影響する。

影響を与えるもののひとつに「家系」がある。家系研究法の代表的なものにゴールトン(1912年)による、カリカック一家の研究がある。

この研究は、カリカック一家の両系統の5世代にわたる検討を行った。

また、優秀家系の例では、ウエジウッド家、ダーウィン家、ゴールトン家の研究結果がある。









研究結果によれば、カリカック一家の場合、遺伝的要因が悪かったからでなく、その社会経済的、あるいは文化的環境が劣悪であったため、十分な家庭教育、学校教育が受けられなくてその結果として子どもたちが社会的に不適応となってしまった可能性がある。


逆にゴールトン一家の優秀一族の場合には、豊富な教育と訓練を施すことが可能であったので、優秀な学者などが輩出したとも考えられる。

子どもの人格形成に影響を与えるものとして「初期経験」がある。初期経験とは、発達の初期の段階に、ある特定の経験をはく奪されたために発達が遅滞したり、ある能力が獲得できなかったりすると、それを歴年齢が進んだ後に追経験しても、もはや回復は不可能であるとされている。









初期経験は特定の時期(臨界期)以外には、獲得するのが困難であるということを、具体的に証明している例として、米国カリフォルニア州で生まれたジーニーという女の子の例や、ハーロウによるサルの遠隔飼育実験、ローレンツの刻印づけなどがある。


初期経験がうまくいかなかった場合、知能の発達にも強い影響が及び、「同化と調整」スイスの心理学者ピアジェ(1896-1980)の理論が、維持できなくなり社会に適応できない状態に陥る。









以上の研究結果をまとめながら、ひとつの印象深い映画が思い出された。


1988年に発生した「巣鴨(すがも)子供置き去り事件」を題材として、2004年上映された、誰も知らない」(是枝裕和監督作品)は、マスコミでも大きく取り上げられ、記憶に新しい映画である。映画の中で、残酷シーンはほとんどないものの、実際は非常に凄惨さを感じざるを得ない事件であった。


その後の報道によれば、一度も学校に行く機会を与えられなかった長男は、事件発覚当時、中学生であったが、自分の氏名を漢字で書くことができなかったとされている。


漢字を覚えるということについては、今後、獲得可能であるものの、「初期経験」については、ほとんど不可能である。


幼稚園や保育園に通い、友だちと遊ぶ、ケンカする。善悪を判断するちからをつける。

小学校での先生や同級生との関わり、春夏秋冬のイベントを体験する。そして何よりも、子ども時代に子どもとしての経験を情緒的に楽しむこと、親(養育者)に甘えること。

思春期までに必要だった経験を取り戻すことは「臨界期」を過ぎてしまった中学生にとって、非常に苛酷のように思えた。









今、社会のなかで私たちにできることは一体何だろう。

この事件発覚により、児童相談所やその他の行政、公的機関への要求が大きく変化したが、私たちも、社会の中で生きるひとりの人間として、些細な援助や、「自分にできること」を、それぞれが実践できるよう、微力でありながらも、心がけて行きたいものだ。




仙台心理カウンセリング 田村 「家族の要因」東北福祉大学(心理学レポート)より















◆ インフォメーション♪♪♪ ◆ 受付中^^☆


【お申込み】・ホームページのご予約フォームからお申込み下さい。
 

◆こちらからもご予約可能です ⇒ 【お申込みフォーム】

【お申込みについての必要事項】

お申込みの際は、お名前、年齢、お電話番号(緊急時に使用)、メールアドレス、
ご希望日時を第3希望まで、お知らせ頂けますとスムーズです。


【送受信の不具合がある場合】

お申込みメール送信後、24時間を経過しても返信がない場合は、
何らかの不具合が考えられますため、お手数ですが、お電話を頂戴できますと幸いです。




【アクセス】


【ブログ記事一覧】




☆ 皆様にお会いできますこと、楽しみにお待ちしております ☆

















・・・ いつでもあなたのそばに ・・・


トレーニングを重ね続けて磨く、安心、安全な技術
「磨かれた技術」 に、あふれる愛をプラスして☆
こころとカラダを潤す、オーダーメイド心理学講座&心理カウンセリング・セラピー







































  


Posted by 仙台心理カウンセリング  at 00:11心理学講座

2019年02月01日

人間の知覚☆






人間の知覚


◆知覚とは、刺激を受動的に感受することではなくて、人が情報を能動的に「つかみとる」働きであることをわかりやすく説明する。


■私たちの心が外界の物事を感じたり知ったりするはたらきは感覚あるいは知覚と呼ばれる。

この感覚、知覚の働きこそが私たちの心が外の世界から情報を得る唯一の手段である。

私たちの生体は何かを知覚するとき、感覚受容器によって情報を取り入れ、脳においてさまざまな、情報処理をおこなっている。

さらに、それを基に外界に対して適切な行動のための指令をつくり、実際に行動をとっている。情報処理が行われる際は、それまでの記憶や認知されていたものが大きく影響してくる。

つまり、私たちが知覚しているものは、刺激を単純にそのまま受け入れた結果ではないということがわかっている。









★ 「図と地の知覚」 について考えてみよう。

誰もが一度は見たことのある図(2人の黒い横顔と白いカップ)


*この図はルビンの壺(又は盃)と呼ばれている。



「ルビンの壺」を見たとき、黒い横顔を発見する人、または白い壺を発見する人の2通りに分けられるが、この時、受動的に感受していれば、まとまりとしての形は見ることができない何らかの解釈が行われたとき、ひとつのまとまりとして認識され、白い壺や、黒い横顔をみることができる。

さらには、健全な人間であれば、自由に壺から横顔に反転(切り替え)させて、知覚することができる。


しかし、何らかの強い思い込みや、周囲の環境によっては、壺も横顔も見ることができなくなり、壺はみえても横顔をみることができない、つまり図と地の反転がうまくいかなくなる場合がある。


このことは「錯視」により、わたしたちは周囲の環境や、認知のゆがみ、あるいは思いこみなどにより、「事実を歪んだ状態でみてしまう」ということが、おこるためである。









私たちは、ものを見るとき、これまでの経験的知識から抽象化されて形成されている何らかの枠組み(枠型:スキーマ)が選び出され、それを適応することで、再生想起時には、その枠を土台として、大筋を理解する。

つまり「知覚は刺激に対して忠実ではなく、その現実的意味に忠実である」現実的意味とは、個人の経験的知識によって異なるものと考えられる。









ジェローム・ブルーナー(アメリカの心理学者)は、経済的に恵まれない子どもたちは、経済的に恵まれた子どもたちに比べて、貨幣の大きさを単純な円よりも大きく知覚する傾向が顕著であるという報告をおこなっている。(「知覚と錯覚」宮本敏夫/著 P242)


恵まれない子どもたちは、日々の経験から貨幣の価値を大きく認知したことがわかる。

なかなか手に入らないものは「価値が大きい」という枠組み(スキーマ)が形成されたわかりやすい例であると言えるよう。



私たちは日常、様々な刺激を自分の経験とスキーマをもとに、好きなように解釈している。

例えば、雪の日にうっかり滑って転倒し整形外科に通院した経験があったとしよう。

すると、似たような状況で雪を見た時、「危険」だとか「注意」しようとか「外出は中止」しようなどと、自分自身の安全を確保するために行動も制限してしまう可能性が大きい。


パニック障害の場合にも、たまたま「電車の中で苦しくなった」という状況を、「電車=発作」と関連づけてしまい、その意味から離れられない状態に陥る。


また、幼少時期に親(又は養育者)からの拒否を受け続けると「自分は人から愛されることはない」といったスキーマが形成され、そのスキーマを背景とし「誰とも仲良くなれない」「誰からも愛されない」といった否定的な歪みをもった自動思考を繰り返すことになりかねない。









これらの例では、過去の苦痛で不快な体験や精神的な破綻を繰り返さないように処理した結果、ひきこもり、パニック、対人恐怖などに関連していくことがあると考える。


私たちがより良く生きるために形成されるはずだったスキーマも、過去の経験や体験の積み重ねによって、記憶、認知、知覚、感覚は、不都合なスキーマとして形成されてしまうことが少なくないのかもしれない。


自分自身を意識することで、「ものの見方の枠(スキーマ)」に気づき、自覚、認識することで、自分の「スキーマ」は、いつ、どのようなことがきっかけで形成されたのかを、探ってみるのもおもしろい。


心身ともに健康に、そしてよりよく生きるためには、自分自身の中で、日常生活に不具合を起こしそうなスキーマを、ぜひ「認識」し、「改善」していきたいものだ。




仙台心理カウンセリング 田村 「人間の知覚」(東北福祉大学 心理学レポート)より














◆ インフォメーション♪♪♪ ◆ 受付中^^☆


【お申込み】・ホームページのご予約フォームからお申込み下さい。
 

◆こちらからもご予約可能です ⇒ 【お申込みフォーム】

【お申込みについての必要事項】

お申込みの際は、お名前、年齢、お電話番号(緊急時に使用)、メールアドレス、
ご希望日時を第3希望まで、お知らせ頂けますとスムーズです。


【送受信の不具合がある場合】

お申込みメール送信後、24時間を経過しても返信がない場合は、
何らかの不具合が考えられますため、お手数ですが、お電話を頂戴できますと幸いです。




【アクセス】


【ブログ記事一覧】




☆ 皆様にお会いできますこと、楽しみにお待ちしております ☆

















・・・ いつでもあなたのそばに ・・・


トレーニングを重ね続けて磨く、安心、安全な技術
「磨かれた技術」 に、あふれる愛をプラスして☆
こころとカラダを潤す、オーダーメイド心理学講座&心理カウンセリング・セラピー







































  


Posted by 仙台心理カウンセリング  at 07:07心理学講座