[PR]仙台カウンセリングセンター 「心理カウンセリング」 「認知行動療法CBT」

[PR]仙台カウンセリング研究会セミナー 「心理学講座」 「カウンセリング講座」

[PR]仙台心理カウンセリングセンター 「心理カウンセラー養成講座」  「心理療法」













 ~    い つ で も あ な た の そ ば に    ~      ☆   仙台心理カウンセリング & スクール   ☆  



◆仙台心理カウンセリングTOP

仙台心理カウンセリング お客様の声

仙台カウンセリング よくあるご質問 カウンセリングQ&A


仙台心理カウンセリング・ブログ一覧

◆心理学講座一覧


よくあるご質問 心理学講座Q&A 。 。


仙台カウンセリング・美しいアルバム 。 。




2019年02月04日

行動変容モデル|プロハスカ








【Prochaska の行動変容ステージモデル】


プロハスカ(プロチャスカ)の行動変容ステージモデルは、

どの程度自分自身と向き合っているかを捉えるモデル。




<Prochaska の行動変容ステージモデル>


・前熟考ステージ
  このステージに属す人は、これから6カ月以内に、行動を変えようとする
  意図がない状態である。その行動を必ずしもハイリスクであるとみておら
  ず、仮にそうであったとしても、その行動を変える必要性を感じていない。


・熟考ステージ
  このステージに属す人は、これから6カ月以内に行動を変化させる意図が
  ある状態である。行動の成り行き、すなわちその行動を続けているとどの
  ようになるかを調べ始めている。その人は、その行動をとり続けることに
  よって、自分の生涯に起こり得るであろう短期的および長期的結果につい
  て質問し始める傾向が強い。

 
・準備ステージ
  このステージに属す人は、これから1カ月以内に行動を変化させるために
  行為を行う意図を持っている状態である。その行動変容に役立つような方
  略について考え始める傾向が強い。


・実行ステージ
  このステージに属す人は、すでに行動変容を行ってきているが、その期間
  は6カ月に満たない状態である。新しい健康的行動を行う利得がすぐさま
  目に見えて現れないために、逆戻りの危険性が最も高い。


・維持ステージ
  このステージに属す人は、少なくとも6カ月以上の期間で健康的な行動を
  維持してきた状態である。行動からの利得を認識し始めている。しかし、
  まだ逆戻りの危険性があるので、もとの問題行動を再び始めてしまう誘惑
  が待ち受けている。


  これら変容のステージを通る動きは連続的とは限らない。事実、行動変容
 を行っている者の間には、もとの問題行動に逆戻りしてしまう者もみられる。
 行動を変化させている者にみられる最も共通する経路は、変容ステージを進
 んだり、後退したりすることである(『変化のスパイラル・モデル』:
 Prochaska, Norcross & DiClemente, 1994)。




維持ステージに到達したとしても、
熟考ステージに逆戻りすることもあります。

維持ステージに長くいればいるほど、
逆戻りする可能性は低くなります。




行動変容ステージは、変容するための「セルフケア」

各ステージの特徴を自分なりに解釈し、

方向性を見い出し、導くことが大切と考えます。

一度自分自身に当てはめた上で実践してみるのがオススメ☆
























・・・ いつでもあなたのそばに ・・・


トレーニングを重ね続けて磨く、安心、安全な技術
「磨かれた技術」 に、あふれる愛をプラスして☆
こころとカラダを潤す、オーダーメイド心理学講座&心理カウンセリング・セラピー











































































































































































































































































































































  


Posted by 仙台心理カウンセリング  at 07:00心理学講座