[PR]仙台カウンセリング&スクール☆「心理学講座」☆「カウンセリング講座」☆「心のレッスン講座」

[PR]仙台心理カウンセリング&スクール 「心理学講座」 「オフィスカウンセラー講座」


logo1.gif






 ~    い つ で も あ な た の そ ば に    ~      ☆   仙台心理カウンセリング & スクール   ☆  



仙台心理カウンセリング ホーム

仙台カウンセリング よくある質問 カウンセリングQ&A


仙台心理カウンセリング・ブログ一覧

☆心理学講座メニュー ☆  。 。 。


よくある質問 心理学講座Q&A 。。。 


仙台カウンセリング・美しいアルバム 。




2018年04月03日

カウンセラーの「聴く技術」













心理的支援は、 「情報」 ではなく 「傾聴」☆


具体的支援と心の支援との違いとは・・

相談者が、「しっかり受け止めてもらえた」 と感じ、

心の中にある葛藤や混乱を 

"正直に言葉に出来た時"

人は大きく癒されます。





健康管理や生活再建、キャリアコンサルティングなどの
具体的支援が必要な場合は、
情報やアドバイスなどの 「かける言葉」 が必要です。

しかし、 「こころ」 を支援する場合は、
言葉より先に、相手と真剣に向き合い
『傾聴する』 という 「態度・姿勢」 が大切です。


相談者の心に寄り添いたい、
少しでも楽になってもらいたいと思う場合は、
この 「傾聴」 を意識して関わることが、
『癒やすこと』 (心理的負担の軽減)につながります。















◆◆◆  「聴く技術」 ◆◆◆




心理カウンセリングでは、相談者の話を聴くときに、
「何とかしてあげたい」 という自分の気持ちではなく、
"相談者の気持ち" を最優先します。


相手を尊重し、
相手の置かれている状況や考え、
感じていることなどを、
そのまま受容する(受け止める)ようにします。


相談者は、悩んでいることで、
自分に対して否定的な気持ちになっています。
その気持ちをそのまま受けとめることで、
「本当に自分のことを分かってもらえた」 という、
手応えや安心感を得てもらうのです。


まず相手の言うことを、そのまま受け止め、理解を示し、
相談者が前向きに、自分の問題に対して、
取り組むことができるようになったところで初めて、
相談者自身が持っている解決策や、
他の人からのアドバイスを活かせるよう援助していきます。




「相手のために・・」 という、まごころを適切に表現する技術――


―― それが心理カウンセリングの 「聴く技術」 と言えます。













【 初心者にオススメの著書☆ 】

こ ち ら ↓  ↓  ↓

◆ご参考 『仙台心理カウンセリングの本棚』 リンク先☆


◆ プロカウンセラーの聞く技術
著者 : 東山紘久
創元社


◆ プロカウンセラーのコミュニケーション術
著者 : 東山紘久
創元社


◆ 親業 ~子どもの考える力をのばす親子関係のつくり方~
著者 : トマス・ゴードン
制作 : Thomas Gordon 近藤 千恵
大和書房




●【お客様の声☆一覧】










・・・ いつでもあなたのそばに ・・・ 


トレーニングを重ね続けて磨く、安心、安全な技術
「磨かれた技術」 に、あふれる愛をプラスして☆
こころとカラダを潤す、オーダーメイド心理学講座&心理カウンセリング・セラピー
 

















  


Posted by 仙台心理カウンセリング  at 07:31カウンセリング