[PR]仙台カウンセリング&スクール☆「心理学講座」☆「カウンセリング講座」☆「心のレッスン講座」

[PR]仙台心理カウンセリング&スクール 「心理学講座」 「オフィスカウンセラー講座」


logo1.gif






 ~    い つ で も あ な た の そ ば に    ~      ☆   仙台心理カウンセリング & スクール   ☆  


仙台心理カウンセリング ホーム 。。。
よくある質問 カウンセリングQ&A 。


仙台カウンセリング・ブログ一覧 。。。
☆心理学講座メニュー ☆  。 。 。


仙台カウンセリング・美しいアルバム 。



2016年06月26日

心のレッスン講座






●心のレッスン講座|初級編:前期&後期(120分×全6回)

■場所:仙台心理カウンセリング
■日程:グループ講座(月1回受講/全6回)
■時間:1回/120分×全6回)
■費用:グループ講座 6,500円×6回
(2名様以上で開講:6名様まで☆)
※1回目のみテキスト代+1,000円

■ご予約:ホームページのご予約フォームからお申込み下さい。
※受講条件なし:初めての方でも、どなたでも受講していただけます。




【講座の特徴】
行動心理、社会心理、人格心理、知覚心理など様々な要素を取り入れた、
日常の人間関係に活かすための実習(レッスン)型講座です。(理論と体験実習)

自分自身の人間関係パターン&他者のパターンを基本として体験的に学びます。
自分自身を大切にし、他者との関わりをスムーズに、
かつ質の高い交流を目指したい方のための講座です。









●○●=初級編|カリキュラム(全6回)=●○●


【心のレッスン講座:初級編:前期3回】

1、人間関係パターンを学ぶ&ポイント実習
  ・自分自身と他者の基本パターンを学びます

2、人間関係:価値観の辞書&ポイント実習
  ・それぞれが大切にしている信念、価値観を学びます

3、コミュニケーションスタイル&ポイント実習
  ・それぞれが無意識的に行う、行動言動思考について学びます



【心のレッスン講座:初級編:後期3回】

4、強みと弱み&ポイント実習
  ・他者との心理的距離の取り方について学びます

5、健全と不健全&ポイント実習
  ・セルフケア(ストレスケア)の重要性を学びます

6、個性を活かすコミュニケーション&まとめ
  ・自分自身の個性を活かし長所と短所のバランスをとることを学びます









【スケジュール】日曜コース☆開講決定☆ 残席1 ありがとうございます!

2016年7月3日(日)13:00~15:00
●レッスン1、人間関係パターンを学ぶ&ポイント実習

2016年8月7日(日)13:00~15:00
●レッスン2、人間関係:価値観の辞書&ポイント実習

2016年9月4日(日)13:00~15:00
●レッスン3、コミュニケーションスタイル&ポイント実習



2016年10月2日(日)13:00~15:00
●レッスン4、強みと弱み&ポイント実習

2016年11月6日(日)13:00~15:00
●レッスン5、健全と不健全&ポイント実習

2016年12月4日(日)13:00~15:00
●レッスン6、個性を活かすコミュニケーション&まとめ









【スケジュール】土曜コース☆ただ今開講中^^☆ ありがとうございます!

●レッスン1、人間関係パターンを学ぶ&ポイント実習
●レッスン2、人間関係:価値観の辞書&ポイント実習
●レッスン3、コミュニケーションスタイル&ポイント実習



2016年7月2日(土)13:00~15:00
●レッスン4、強みと弱み&ポイント実習

2016年8月6日(土)13:00~15:00
●レッスン5、健全と不健全&ポイント実習

2016年9月3日(土)13:00~15:00
●レッスン6、個性を活かすコミュニケーション&まとめ











皆様にお会いできますことを楽しみにお待ちしております。


仙台心理カウンセリング&スクール






・・・ いつでもあなたのそばに ・・・

  


Posted by 仙台カウンセリング  at 07:41心理学講座

2016年06月19日

カウンセラー養成講座(修了式)




カウンセラー養成講座☆
11回目&12回目(最終回)☆修了式を迎えました。



11回目は、「リラクゼーション技法」。


◆自分自身の「緊張状態とリラックス状態」を自覚する◆

・セラピーを受けることにより、自分自身のリラックス状態を体感する。
・技法を日常のセルフケア・自己管理に活かす。


「リラクゼーション技法」では・・・

今まで感じられなかった、自分自身の緊張状態、緊張の場所、

緊張の度合いなどに気づく(実感する)ことができます☆



「自己理解」から始まった「初級編カウンセラー養成講座」ですが、

後半は、「非言語的」 自己理解&他者理解という点では、受講生それぞれが、

理論以外のところ(右脳)で、意味深い体験ができておりました。

今回の講座の中で習得した 「体感覚」 は、日常でも使えるものがほとんどです。

今後もさらに積み重ね、ぜひ、各自が深めて行っていただければと思います。


受講生の皆様おひとりおひとりの 

”セルフカウンセリングのスキルアップ” を感じつつ、

今日も、嬉しい^^時間を過ごさせていただきました。心から感謝☆







いよいよ迎えた最終回 12回目は、「自叙伝セッション」。。。


◆ 自分自身が「交流分析&初級編12回修了」を迎えておもうこと ◆
◆ 自分自身の「過去現在未来の確認」 ◆

★ そして最後、未来の「自分への手紙」です。。。


・特に、「未来の自分への手紙」 は、自己洞察を深め、
気づくチャンス、可能性も拡げます。

3数ヵ月後、自分のもとへ届く手紙を、
今の自分はどんな思いで書きつづったのでしょう。

そして、この手紙を読む未来の自分は、どんな思いで受け取るでしょう。
考えただけでも、なんだか、ワクワクします^^☆



最後に。。。

パーソナリティ・フィードバック!

受講生同志が感じたお互いの変化を、

それぞれがフィードバックするという形で、伝えあいました☆


これが、ジョハリの窓 「盲点の窓」 の受容

意外なフィードバックに、戸惑う受講生、照れる受講生、

いろんな表情がありましたね!!



約半年間の講座(全12回)の中では、個々の思いに共感し、

気づき、感動し、クリアになりました。


受講生の皆さまと、

最後の最後まで学び合えたことに、心から感謝いたします。








初級編は、今回で最終回、修了を迎えますが、
今回の講座 全12回の中で習得した「感覚」は、
今後もさらに積み重ね、ぜひ深めて行ってください。


最後に、「修了証書」 を、お渡しして、
カウンセラー養成講座 全12回を修了しました。
受講生の皆さま、修了おめでとうございます^^☆☆☆


(*^▽^)/★*☆♪♪♪







半年間という、長期間、コツコツと通っていただきまして、

本当にありがとうございました。

受講生の皆様の、

”大きな変容とこころの成長” に 『拍手』 を贈ります。







初級編「カウンセラー養成講座」カリキュラム
http://ssc.da-te.jp/e972573.html

中級編「カウンセラー養成講座」カリキュラム
http://ssc.da-te.jp/e323421.html

上級編「カウンセラー養成講座」カリキュラム
http://ssc.da-te.jp/e323938.html


◆初級編「カウンセラー養成講座」カリキュラム
http://ssc.da-te.jp/e972573.html

●1回目:カウンセリングと信頼関係
http://ssc.da-te.jp/e281154.html
●2回目:コミュニケーション
http://ssc.da-te.jp/e286482.html
●3回目:カールロジャース理論:受容と共感
http://ssc.da-te.jp/e294793.html
●4回目:アートセラピーカウンセリング
http://ssc.da-te.jp/e297637.html
●5回目:共依存
http://ssc.da-te.jp/e302830.html
●6回目:コミュニケーション&カウンセリング実習
http://ssc.da-te.jp/e308073.html

●7回目:インナーチャイルドセラピー
http://ssc.da-te.jp/e962420.html
●8回目:ゲシュタルトセラピー
http://ssc.da-te.jp/e962420.html
●9回目:フォーカシング
http://ssc.da-te.jp/e963578.html
●10回目:アートセラピーカウンセリング2
http://ssc.da-te.jp/e963578.html
●11回目:リラクゼーション技法
http://ssc.da-te.jp/e966910.html
●12回目:自叙伝セッション、まとめ、修了式
http://ssc.da-te.jp/e966910.html




◆ 心理学講座インフォメーション♪♪♪ ◆

【スケジュール】・カレンダーはコチラ→http://ssc.nikki.cmaker.jp/

☆ 皆様にお会いできますこと、楽しみにお待ちしております ☆




・・・ いつでもあなたのそばに ・・・

  


Posted by 仙台カウンセリング  at 19:01心理学講座

2016年06月17日

防衛省 部外カウンセリング業務受注☆




入札参加☆


防衛省 航空自衛隊

松島基地「部外カウンセリング」の入札に参加!



【入札の結果】

「カウンセリング業務」 受注しました☆



2017年3月31日まで、カウンセリングを担当します☆


※松島基地(まつしまきち。JASDF Matsushima Airbase)は、
宮城県東松島市矢本に所在する航空自衛隊の基地。

航空自衛隊パイロットの養成部隊である、
第4航空団が配備されている。
基地司令は第4航空団司令が兼務。


曲技飛行を行うブルーインパルスの本拠地としても知られる。

基地に所属する整備員らで構成された、
「ブルーインパルスジュニア」も有名。













・・・ いつでもあなたのそばに ・・・ 


トレーニングを重ね続けて磨く、安心、安全な技術
「磨かれた技術」 に、あふれる愛をプラスして☆
こころとカラダを潤す、オーダーメイド心理学講座&心理カウンセリング・セラピー






  


Posted by 仙台カウンセリング  at 09:14カウンセリング

2016年06月10日

真っ青^^☆






真っ青な空☆



キレイ^^!



「こころ」 も、洗濯日和。。。








・・・ いつでもあなたのそばに ・・・ 


トレーニングを重ね続けて磨く、安心、安全な技術
「磨かれた技術」 に、あふれる愛をプラスして☆
こころとカラダを潤す、オーダーメイド心理学講座&心理カウンセリング・セラピー






  


Posted by 仙台カウンセリング  at 07:33こころのサプリ

2016年06月03日

心のケア15 「グリーフ・カウンセリング」

心のケア15 「グリーフ・カウンセリング」

*悲嘆(グリーフ)・カウンセリングは喪失の悲嘆を癒すためのカウンセリングである。


◇災害時 「心のケア」 にお役立て下さい。

心のケア15 「グリーフ(悲嘆)・カウンセリング」☆



【グリーフ・カウンセリング】

悲嘆カウンセリング (grief counseling)


愛する者の死などさまざまな喪失体験によって引き起こされる、
悲嘆の解決を心理的に援助すること。


【喪失体験に対する自然な反応】

1、呆然(麻痺、非現実感、パニック)

2、抵抗(否認、苦悶)

3、怒り(不当感、敵意、罪悪感)

4、抑うつ(空想、無関心、孤独、無力感)

5、諦め・受容

6、希望(解放、決意、再生)


●受け入れがたい苦痛に出会ったとき、

何らかの緩衝工作をしながら徐々に乗り越えて行く。




【悲嘆はその過程を通じて次の仕事をなすと考えられる】

1、喪失についての現実感をもつ。

2、気持ちに正直になることで喪失を過不足なく受け止める。

3、喪失後の様々な障害をクリアし、適応のための準備をする。

4、失ったものに 「さようなら」 と言い、

  それなしに生きる新しい人生のスタートラインにつく。

5、これらの仕事を行うための時間をかせぐ。



※以上のような過程を、とばしたり、抑圧することなく体験することで、

その仕事を完遂させることが大切であり、援助の目的もそこにある。







【悲嘆の仕事がうまく達成されないと・・・】

新しい人生が始められないばかりでなく、
病的な悲嘆反応がおきることもある。
悲嘆の仕事を阻む過剰な身構えが、
「認知」や感情にひずみを与える。
防衛によって内的な傷も生まれる。


喪失という心理的外傷にこうしたひずみや傷が加わることで、
症状が複雑に、わかりにくくなり、解決を難しくしてしまう。





【病的な悲嘆反応】としては、

慢性的、時期はずれ(遅延化)など、
悲嘆が終わらないケース、喪失対象外にも罪責感が及んだり、
全生活が不安感に覆われるなどの誇張された悲嘆、
身体症状や不適応行動の仮面を装い、
喪失の認識をもたない場合などがある。




【セラピー】

このような病的な悲嘆を扱う場合を、
「セラピー」としてカウンセリングと区別することもある。

悲嘆の仕事のどこが滞っているのか、
それを阻んでいるのは何かを、
まず見つけ出すことが必要となる。



【喪失体験】は、

心理的な外傷だけでなく現実問題として、
生活上の大きな負担を伴うことが少なくない。
そのため無理せざるを得なくなる。


また、失くしたものは、
もともと心の支えであったはずであり、
それを欠いた心はもろくなるか、
守りを固めてかたくなになるかであろう。
従って、他者の支えが大きな意味をもつ。


「愛」 があるゆえに、別れや悲しみがうまれるが、
それを癒やすのもまた 『 愛 』 といえる。







【援助者の役割】

1、悲嘆を時で癒すよう、中・長期的な、見通しを持つとともに、
必要な時期にそばにいる(接触をもつ)ようにする。

2、わかっているが認めたくないという、
あいまいな気持ちに寄り添いながらも、
喪失を現実のものとして認めるよう援助する。

3、悲嘆の過程を理解し、
言葉に出来る感情も出来ないものも、
抑圧することなく、できるだけ表現するよう促す。

4、失ったものなしに生きていく気持ちと、
行動の準備をサポートする。

5、病的な反応を識別し、
必要に応じて専門医(精神科医)などにリファーする。




◆悲嘆の強さや内容は、

1、当事者の年齢、性別やパーソナリティ、及び環境

2、失ったもの、およびそれとの関係

3、失った状況(特に、予期されたものか否か)


以上によって大きく違ってくる。

喪失体験はプライベートな出来事であり、
悲嘆反応は固有のものである。

したがって援助者はその個人差を認識し、
柔軟な対応を心がける必要がある。



一方、悲嘆は、人生において、
誰もが直面する普遍的な感情でもある。
悲嘆は、喪失から誕生への橋渡しである。

病的な悲嘆に陥る危険性をもちながら、
喪失という大きな荷物を引き受け、
より豊かな人生へと旅立っていく姿は感動的でさえある。


カウンセラー(援助者)には、
それに立ち会える喜びがある☆






※【参考文献】
「カウンセリング大事典」2004 小林司/編 新曜社









●心のケア1 「トラウマティックストレス」
http://ssc.da-te.jp/e962589.html
●心のケア2 「ストレス反応と心の病気」
http://ssc.da-te.jp/e962677.html
●心のケア3 トラウマティックストレスに起因した「心身の反応」
http://ssc.da-te.jp/e962711.html
●心のケア4 「回復のための心構え」(被災された方々へ)
http://ssc.da-te.jp/e962755.html
●心のケア5 「こんな場合は専門家に相談しましょう」(被災された方々へ)
http://ssc.da-te.jp/e962862.html

●心のケア6 「子どもの場合の注意点」(被災された方々へ)
http://ssc.da-te.jp/e962885.html
●心のケア7 「被災した人をケアするために」 (周囲の皆様へ)
http://ssc.da-te.jp/e962979.html
●心のケア8 「喪失を受容するために」
http://ssc.da-te.jp/e962980.html
http://www.sendai-shinri.com/blog/2010/02/post-77.html
●心のケア9 「サバイバーズ・ギルト」
http://ssc.da-te.jp/e963046.html
●心のケア10 「気遣いの言葉」
http://ssc.da-te.jp/e963047.html

●心のケア11 「寄り添うために」3つの約束☆
http://ssc.da-te.jp/e963048.html
●心のケア12 「聴くことで癒される」
http://ssc.da-te.jp/e963121.html
●心のケア13 「悲嘆のプロセス」
http://ssc.da-te.jp/e963122.html
●心のケア14 「グリーフ・ワーク」
http://ssc.da-te.jp/e963123.html
●心のケア15 「グリーフ・カウンセリング」
http://ssc.da-te.jp/e964625.html




☆ 『大切な人』 を亡くしたあなたへ ☆




*東日本大震災(2011年3月11日)の死者:15,894人
※2016年2月10日現在、警察庁がまとめたところによると、一連の余震での死者も含め、
死者15,894人(宮城県9,541人、岩手県4,673人、福島県1,613人、
茨城県24人、千葉県21人、東京都7人、栃木県4人、神奈川県4人、
青森県3人、山形県2人、群馬県1人、北海道1人)、行方不明者2,562人。
また、2016年3月1日現在で消防庁がまとめたところによると、
震災関連死を含めた死者は19,418人にのぼる。

※福島第一原子力発電所事故の影響で、
福島第一原子力発電所から半径20キロ圏内が避難指示区域に設定された影響もあり、
福島県では沿岸部の状況把握が遅れたことにより、
行方不明者の捜索は大幅に遅れ、4月7日に開始された。


*東日本大震災(2011年3月11日)の死者:15,894人
*阪神大震災(1995年)の死者:6,434人
*中国四川大地震(2008年)の死者:69,197人
*明治三陸地震(1896年)の死者と行方不明:およそ22,000人
*関東大震災(1923年)の死者:105,385人




☆ 『僕らの手には何もないけど、』 ☆



  


Posted by 仙台カウンセリング  at 20:38カウンセリング