[PR]仙台カウンセリングセンター 「心理カウンセリング」 「認知行動療法CBT」

[PR]仙台カウンセリング研究会セミナー 「心理学講座」 「カウンセリング講座」

[PR]仙台心理カウンセリングセンター 「心理カウンセラー養成講座」  「心理療法」













 ~    い つ で も あ な た の そ ば に    ~      ☆   仙台心理カウンセリング & スクール   ☆  



◆仙台心理カウンセリングTOP

仙台心理カウンセリング お客様の声

仙台カウンセリング よくあるご質問 カウンセリングQ&A


仙台心理カウンセリング・ブログ一覧

◆心理学講座一覧


よくあるご質問 心理学講座Q&A 。 。


仙台カウンセリング・美しいアルバム 。 。




2011年05月18日

南三陸町



震災から70日目の南三陸町









本日は震災支援で南三陸町へ。

看護師&カウンセラーとして、ご相談に対応させていただいた。


4月の、仙台→石巻(大渋滞で約2時間)に引き続き、

南三陸自動車道は相変わらずの大混雑。仙台→南三陸町 約3時間




変わり果てた町の様子を横目に進むと、
津波から逃れた高台に 「ベイサイドアリーナ」 が見えてくる。
奥には、「公立志津川病院」 仮設診療所。


敷地内に建てられた、プレハブの南三陸町仮庁舎。


ライフラインはまだまだ(水道復旧未定)で、
トイレは仮設、水は給水車。 過酷な状況。




 ↓ 「三陸の海」は穏やか(2011年5月18日)





相談内容にはそれぞれの人生が見え隠れする。
解決策などないことは本人が一番よく知っている。


ほとんどの方が5分も経たぬうち、声を詰まらせる。
話す前から「ことば」にならない方もいる。


そして涙を流したことに対しての抵抗や罪悪感を語る。
今の自分は「弱いから・・」と。




どんな内容であれ、ただただ聴くことに徹する。

いつしか沈黙が流れ・・・


仮庁舎全体が、ヘリコプターのけたたましい音に包まれる。

それは、「涙の許可」 が下りる音。

なぜだか今日はそんな気がした。




涙を流すことは 「区切り」 になることもある。

解決しない現状を、ほんの少しだけ受け入れ、

それぞれが ”ありがとうございました” と頭を下げ、席を後にする。




こんな状況でも礼儀正しく、あくまで謙虚。

今回のことから私が学ぶことは何だろう。

その 「意味」 を必死で探している小さな自分がいた。








・・・ いつでもあなたのそばに ・・・














●「喪失を受容するための5つのプロセス」
http://www.sendai-shinri.com/blog/2010/02/post-77.html

●心のケア1 「トラウマティックストレス」
http://ssc.da-te.jp/e414998.html
●心のケア2 「ストレス反応と心の病気」
http://ssc.da-te.jp/e415046.html
●心のケア3 トラウマティックストレスに起因した「心身の反応」
http://ssc.da-te.jp/e415055.html
●心のケア4 「回復のための心構え」(被災された方々へ)
http://ssc.da-te.jp/e415249.html
●心のケア5 「こんな場合は専門家に相談しましょう」(被災された方々へ)
http://ssc.da-te.jp/e415258.html
●心のケア6 「子どもの場合の注意点」(被災された方々へ)
http://ssc.da-te.jp/e415515.html
●心のケア7 「被災した人をケアするために」(周囲の方々へ)
http://ssc.da-te.jp/e415717.html
●心のケア8 「喪失を受容するために」
http://ssc.da-te.jp/e415928.html










写真中央奥:赤茶色の骨組みだけが残る↑「防災対策庁舎」
宮城県南三陸町で2011年5月18日(撮影:田村)



↑ベイサイドアリーナに向かう道の奥「津波で枯れた樹木」



↑自衛隊:災害派遣部隊



↑義援金申請窓口



↑仮設:南三陸町仮庁舎



↑「仮設庁舎」(奥のプレハブ)脇にあるヘリポート・「防災ヘリ:みちのく」常駐
















































































































































































































































  


Posted by 仙台心理カウンセリング  at 22:37カウンセリング

2011年05月08日

インナーチャイルド








仙台カウンセリング
インナーチャイルドセラピー



あなたが幼い頃、家族やまわりとうまく過ごすために、
無意識に我慢してしまった本当の気持ち。

幼い頃のあなたが、今もあなたの中で一人ぼっちで小さくうずくまって、
本当の自分を受けとめてもらう時を祈って待っています。

冷静になって考えてみると、
どうして起こるか分からない自分の感情、
怒り、悲しみ、寂しさ、孤独感、無力感、憎しみ、自己否定。。。

それは幼い頃のあなた(インナーチャイルド)の精一杯の叫び。
そんなあなたのチャイルドの声(忘れ去られてしまった感情)を、
大人になった今のあなたが、聴いてあげましょう。

そしてやさしく、震える体を抱きしめてあげましょう。

あなたの中にいる「その子(感情)」と対話しましょう。
インナーチャイルドと出会う方法はたくさんあります。
まずは、心を静め、ゆっくりと目を閉じ、
おびえている「その子」に話しかけてみましょう。




対話の方法がわからない時は、カウンセリングでご相談ください。
カウンセラーは、あなたのベストパートナー。
あなたのペースに歩幅を合わせて伴走します^^。










ACの説明はコチラ↓
http://sendai-shinri.com/knowledge/t9.html
http://www.sendai-shinri.com/blog/2009/11/post-12.html







◆ インフォメーション♪♪♪ ◆

仙台心理カウンセリング&スクール

5/29(日) 『 こころのエステ 』  ☆残席1  (震災支援:無料WS)3回目受付中
         *グループカウンセリング形式ワークショップ

◇アートセラピーを通して、自分自身の安定について考えて行きます。
【時 間】・12:30開場・・・13時~15時
【内 容】・自分自身の安定 『アートセラピー』とグループカウンセリング☆

● 13:00~13:30 今スグ必要な、『アートセラピー』☆
● 13:30~15:00 「グループカウンセリング」 & ティータイム ☆ 
          *各自、アートへのおもい、感想などシェア。




【受付】 対面カウンセリング及びマンツーマン心理学講座は随時受付しています。

【お申込み】 ホームページよりお申込みお願いします。



仙台心理カウンセリング&スクール
代表 カウンセラー 田村みえ







●ご予約は「仙台心理カウンセリング」ホームページからどうぞ→仙台心理カウンセリング




・・・ いつでもあなたのそばに ・・・






























































































  


Posted by 仙台心理カウンセリング  at 09:31カウンセリング

2011年05月05日

たとえ胸の傷が痛んでも










「たとえ胸の傷が痛んでも」



毎年ゴールデンウィークの仙台平野は、
家族総出の 「田植え」 でにぎわう☆

今シーズンは・・・。

かつて、仙台空港からの離陸、着陸時に見えていた光景。
すがすがしく美しい、どこまでも続く広大な仙台平野。
夏には青々と育った稲。 緑のじゅうたん。
思わず、深呼吸したくなる美しい大地。

今年は本当に残念だ。

「田植え」 そのものが出来ない状況に置かれた人々。
通常なら太陽の下、豊作を祈りながら汗を流す。
そんな、当たり前だった日常が今はない。

あるのは避難所に置かれた段ボール。
この中にあるものが、今のすべて。


途方に暮れ、苦悩する人々の表情。
その中に、一瞬、
緑のじゅうたんが脳裏をかすめる。

瞳の奥に秘めた 「希望のひかり☆」













そうだ うれしいんだ
生(い)きる よろこび
たとえ 胸(むね)の傷(きず)がいたんでも

なんのために 生(う)まれて
なにをして 生(い)きるのか
こたえられないなんて
そんなのは いやだ!
今(いま)を生(い)きる ことで
熱(あつ)い こころ 燃(も)える
だから 君(きみ)は いくんだ
ほほえんで
そうだ うれしいんだ
生(い)きる よろこび
たとえ 胸(むね)の傷(きず)がいたんでも
ああ アンパンマン
やさしい 君(きみ)は
いけ! みんなの夢(ゆめ) まもるため




なにが君(きみ)の しあわせ
なにをして よろこぶ
わからないまま おわる
そんなのはいやだ!
忘(わす)れないで 夢(ゆめ)を
こぼさないで 涙(なみだ)
だから 君(きみ)は とぶんだ
どこまでも
そうだ おそれないで
みんなのために
愛(あい)と 勇気(ゆうき)だけが ともだちさ
ああ アンパンマン
やさしい 君(きみ)は
いけ! みんなの夢(ゆめ) まもるため




時(とき)は はやく すぎる
光(ひか)る星(ほし)は 消(き)える
だから 君(きみ)は いくんだ
ほほえんで
そうだ うれしいんだ
生(い)きる よろこび
たとえ どんな敵(てき)が あいてでも
ああ アンパンマン
やさしい 君(きみ)は
いけ! みんなの夢(ゆめ) まもるため






作詞/やなせたかし  作曲/三木たかし  編曲/大谷和夫  歌/ドリーミング

●テレビアニメ『それいけ!アンパンマン』オープニングテーマ。
●「アンパンマンのマーチ」











【正義とは何か】
「アンパンマン」を創作する際の僕の強い動機が「正義とはなにか」ということです。正義とは実は簡単なことなのです。困っている人を助けること。ひもじい思いをしている人にパンの一切れを差し出す行為を「正義」と呼ぶのです。正義を行う人は自分が傷つくことも覚悟しなくてはいけない。  by やなせたかし




























































































































































































  


Posted by 仙台心理カウンセリング  at 19:08こころのサプリ